コロリー

乳輪や胸の脱毛って恥ずかしいもの?

MENU

乳輪や胸の脱毛って恥ずかしいもの?

 

脱毛って、結構恥ずかしいものです。

 

なっと言っても、明るい場所で脱毛サロンのスタッフさんに、裸を見せなければならないのですから…。

 

そんな恥ずかしい部位の1つが、乳輪や胸ではないでしょうか?

 

乳輪の茶色い部分(ピンクの方もいるのでしょうか)は、色素があるので脱毛の機械をあてることができません。

 

それなので、乳輪とはいっても、乳首ぎりぎりまで脱毛するわけではないということですね。

 

乳首周りという名称が、正しいのかもしれません。

 

では、乳輪や胸を脱毛するときって、どんな格好で行うのでしょうか?

 

脱毛サロンでは、脱毛がしやすいようにラップ式のタオルに着替えます。

 

下半身も行うときには、紙のパンツをはきます。

 

乳輪を脱毛するときには、脱毛サロンによってはニップレスのようなものを乳首に貼ります。

 

しかし、何も貼らない脱毛サロンもあります。

 

胸を見られてしまうので最初は恥ずかしさもありますが、スタッフは同じ女性です。

 

しかも、あちらはプロで慣れているので、テキパキとこなしてくれます。

 

乳輪を脱毛した方の口コミにも、「だんだんと慣れてきます!恥ずかしいのは最初だけ」というものが多かったので、やっぱり慣れなのでしょうね。

 

胸の大きな人の場合には、1人が胸を支えて1人が機械を使って脱毛する、という方法もあるんですよ。

 

それに、脱毛していない部分には上手にタオルをかけてくれるので、恥ずかしく思うのは最初の1〜2回かもしれませんね。

 

こちらは寝ていればいいだけなので、恥ずかしさを忘れて身を任せてしまいましょう。

 

脱毛当日はどのような服で行けばいいのかということですが、洋服はすべて脱ぐのでどんなものでもOKです。

 

ただ脱毛後はお肌が敏感になっているので、できれば締め付けの少ないものが好ましいですね。

 

たとえば、ブラトップなんかで行くといいのではないでしょうか?

 

このページの先頭へ